toggle
2017-04-07

オイルはたっぷり?少量?使い分けの目安

エッセンシャルオイルは、たっぷりの量を使った方が良いの?

安田直子です。1〜2滴使うのと、たっぷりマリネのように使うのとでは、どちらがいいのでしょうか?

私の考え:(あくまで私の個人的なひとつの意見です)

私の場合、身体(肉体)の物理的なことに働きかける目的だと、多めに(4〜5滴)使います。感情に働きかける目的の場合は、私はあえて少なく、1〜2滴にします。

私は基本的には、働きかけたいことが【身体レベルか感情レベルか】によって、多く使うのか少なく使うのか、と使い分けています。

(ただし様々な意見があると思います)

毎日オイルを使っていくと、だんだんと自分のコンディションに対して、パパッと直感的に使えるようになっていきますよ(^ ^)

すると、場合によっては感情オイルもたっぷり使いたくなる事もあったり、身体系のオイルをあえて少なく使うこともあったり、イレギュラーなパターンも大いにありなのです。

身体への働きかけ・使う量の目安

ノドがイガイガする
頭が痛い
便秘
足のむくみ
など

体重(身体の大きさ)に応じて量を加減します。

たとえば、
0歳は0.5滴。
1〜3歳は1度に1〜2滴。
5〜6歳だと1度に2〜3滴。
成人女性だと、1度に4〜5滴くらい。
成人男性だと1度に7〜8滴。

身体の大きさによって加減します。使いすぎると絶対ダメということはありません。使われなかった分は尿で排泄されますのでご安心ください。しかし使われず出てしまうのももったいないので、適量を使いましょう。

顔や皮膚の薄いところに使う場合は、大人であっても、まずは1滴から。

(原液使用のフランス式アロマの使い方として、)緊急的な身体の症状の場合、出血系だと15分に1回、咳や風邪症状には、2時間に1回くらい使うこともあります。

オイルを多めに使った場合、お水をたくさん飲みましょう。

集中ケアとしていっぺんに何十滴をまとめて使う場合もありますが、普段のケアとしては、回数を分けると、より、血中濃度が保たれやすくなるそうです。

身体への働きかけのキーワードは「血中濃度」。

血中濃度って言葉、何だかよく分からないけど効きそう〜

しかし、量を使うことに迷う気持ちが出るのなら、いきなり多くしないで。まずは1〜2滴から試し、様子を見てくださいね。顔や皮膚の薄いところに使う場合も、大人であっても、まずは1滴から。

感情への働きかけ・使う量の目安

感情に働きかける目的の場合は、私はあえて少なく、1〜2滴にします。バシャッと使うのではなく、あえて1〜2滴を使う。なぜなら、「香りを脳に届ける」ことを重点におきたいから。

感情というのは目に見えない領域なので、薄い濃度の方が、よりマッチする気がします。

モヤモヤ
イライラ
スカスカ
など

目を閉じてゆっくりと香りを感じる。
そして身体全体に香りがゆきわたるイメージ。

意識して呼吸を深〜〜くします。

私は、香りを吸うときに、「こんな色をかぶりたいな」と思う色をイメージするととっても心地良いです♪

悲しみや女性性を癒す「ワイエルサラ」だったら、
優しいピンクを全身にまとうイメージ(やさし〜い癒しの香り)

吐く時に、
その感情を、
ハァァァァーーーーッ!!!と
息と一緒に吐き出すイメージで。

足裏から吐き出す!!イメージ
地面に向かって吐くーー!!
ハァァーーー!とノドをおっぴろげて吐くと、より効果的。
(人のいないところでやりましょう♪)

感情に対して使った場合は使うオイルの量が少なくても、エネルギーが動いています。やっぱり、水を多めに飲みましょう。

身体への物理的な対応のキーワードは「血中濃度」。量は多めに(5滴〜)。

感情的な、目に見えない領域への対応には、オイルを少なめに(1〜2滴)。

という風に私は使い分けてまして、自分で使ってみた感覚として、とても心地よい感じがあり、身体で納得できるので、そうしています。

でも、違う意見の方もいらっしゃると思います。

場合によっては感情系のオイルを多めに使う場合もあるようですし、身体に働きかける系のオイルを少なめに使う、という方もいます。

ぜひ、実際に試してみて、あなたの身体がどう反応するか、どんな体験をするか、身体を観察してみてください。

迷う気持ちが出るのなら、ムリせず、まずは1〜2滴から試してみてください。

最終的に、オイルを直感的に自由に使えるようになるために

オイルを使う一番の醍醐味であり楽しいのは、「オイルを感覚で使えるようになる」こと。

日々、オイル達と仲良くしていると、いざという時にもパパッとインスピレーションで必要なオイルに手が伸び、パパッと使う量も直感的に決まるようになる。だんだん、思考を介さずに使えるようになっていきます。

しかし、オイルを使い始めていきなり「直感」と言われても「???」という人も多いかも(^◇^;)

だからまずは、上記のガイドラインで使ってみてください。それも毎日。

中には、最初から直感使いが上手な方もいますし、中には、ゆっくり時間をかけていく方もいます。

オイル自体が「自分の感覚を磨いてくれるツール」です。

毎日オイルを使って、毎日オイルとつながろう。「そのオイルを使ってみた時、どんな感じがするか?何を感じるか?」を静かに感じてみる。これの繰り返し。こんな地味なことを楽しくやっていると、直感も感覚も、ジワジワ冴えてきますよ。

【ご注意】原液塗布・飲用ができるエッセンシャルオイルは限られています。セラピーグレードであることをご確認ください。一般に市販されているエッセンシャルオイルは雑貨というポジションの物も多く、「原液塗布不可・飲用不可」としている場合も多いです。必ず、各メーカーさんの指示に従ってくださいね。
関連記事

    関連記事はありません